Test Kitchen Hについて

ご予約専用ダイヤル

03-6452-6582

ご予約は3ヶ月前から承ります。

当日と翌日のご予約で【WEBでご予約】ができない場合は、お気軽に直接お電話でお問い合わせください。

Test Kitchen H (テストキッチンH)

イタリアンシェフ山田宏巳が、料理歴50年の人生をかけたスタジアム型の「TEST KITCHEN H(テストキッチンエイチ)」を、南青山、骨董通りの雑踏から離れた路地裏に新規オープンしました。

260坪の柱が一本もない大空間の建物に「キッチンと客席が一体となるスタジアム」を実現。

スタイリッシュで開放感あふれるキッチン。

お客様の席からは厨房全体を見渡せ、シェフのパフォーマンスと笑顔を見ながらお食事をお楽しみいただけます。

🔘山田宏巳シェフとは👉こちら

🔘テストキッチンHとは? 👉こちら

今でこそ当たり前になっていますが、パンにオリーブオイルをつけて食べることを誰よりも早く始めたり、温かいパスタしかない時代に、ざる蕎麦をヒントに「冷たいトマトのカッペリーニ」を生み出したのが、ヒロシェフこと山田宏巳その人です。

1985年、フルオープンの劇場型キッチンを配した伝説のイタリアン、原宿「バスタパスタ」の初代総料理長に就任した山田は、“理論のフレンチより勢いのイタリアンがカッコイイ”を形で魅せ、イタリアンブームを牽引しました。

その店からは「カノビアーノ」植竹シェフをはじめ、「クラッティーニ」倉谷シェフ、「リストランテ濱崎」濱崎シェフなど、多くの人気シェフが巣立っていることからも、

その人望と鬼才ぶりがうかがえます。

波乱万丈な人生を経験しながらも、シェフは這い上がります。

1994年、「料理の鉄人」に山田は彗星の如く登場、中華の鉄人・陳建一とのキャベツ対決で見事勝利し、一躍時の人に。

1995年、南青山に「リストランテ・ヒロ」をオープン、総料理長に就任、代官山や銀座、丸の内他、どの支店も全てヒットさせます。

2000年の沖縄サミットではイタリア首相の専属料理人を務め、

2009年にはシェフが目の前で料理しておもてなしする「ヒロソフィー」を銀座にオープン。安倍首相など多くの著名人が訪れる店としても話題となりました。

そして2018年春、「テストキッチンH(エイチ)」をオープンさせ、料理人としての集大成をここに注ぎ込みます。

いつも少年のような心を持つ山田宏巳シェフは言います。

「僕の料理はまだまだ未完成」と。

そんなシェフが、これまでの料理人人生をかけて、齢65にして、未完成を完成に導こうとする挑戦が、今始まろうとしています。

その店の名は「テストキッチンエイチ」……。

南青山、骨董通り路地裏の雑踏から逃れた空間に、

その建物はあります。

「キッチンと客席が一体となるスタジアム」を実現するのは、既存の建物では難しく、260坪の広々とした敷地に、なんと柱が1本もない大空間のある建物を新築したのは山田シェフのこだわり。

スタイリッシュで開放感あふれるキッチンを手がけたのは、あの「バスタパスタ」のデザイナー塚本貞省。

厨房のシェフから客席全体を見渡せ、逆に客席からはシェフのパフォーマンスと笑顔を見ながら食事を楽しめるのです。

なぜ「テストキッチン」なのか?

人望の厚い山田シェフの元には、昔から、親しい料理人仲間がひょっこり訪れます。

「こんな食材、持って来ちゃった」「よーし、これでアレ作ろうか?」と、遊び心いっぱいで試作し、驚きの新メニューが生まれるのが山田の真骨頂。

そう、シェフにとって厨房はつねに“新しいことを試す”場であり、まだ見ぬ新メニューが生まれる空間。

だから今回、「テストキッチンH(エイチ)」と名付けたのです。

もちろんH(エイチ)はHiroの頭文字ですが、他にも様々な思いがあるようです。

そんなキッチンで、華麗に新メニューに挑むシェフと、フロアやカウンターで、妖艶にデートや宴を楽しむ大人たちの、サロンのような、劇場のような、何かが試され、何かが生まれる空間。

それが「テストキッチンH」なのです。